Vol.7(2007.1〜)

相沢正一郎
「オイディープスの一日」
(ヒポカンパス第3号より)
野村喜和夫
「リスボン(泡の(永劫」
(ヒポカンパス第3号より)
水野るり子
「西風のゾウ」
(ヒポカンパス第3号より/朗読:岡島弘子他)
岡島弘子
「右下肺野をさまよって」
(ヒポカンパス第3号より)

Vol.6(2006.1〜)

岡島弘子
「人がいる」
「国際女子マラソン観戦」
「パーキング」
(ヒポカンパス創刊号より)
水野るり子
「帰還するもの」
「ハーメルンな夜」
(ヒポカンパス創刊号より)
相沢正一郎
「古靴」
「灰と塵」
「キッチン太平記」
(ヒポカンパス創刊号より)

Vol.5(2003.7〜)

水野るり子
「月の花粉」
「井戸」
淵上熊太郎
「初夏に」
「距離」

Vol.4(2002.1〜)

水野るり子
「かいだん」
「うさぎじるしの夜」
中上哲夫
『滑稽と挨拶』
  1. 「騒々しい図書館」
  1. 「その男」
  1. 「復活」
  1. 「人間は骨折する」
淵上熊太郎
「倦怠」
「祝い」
「視覚の記憶」
「闇の海の波の果ての」
八木幹夫
「安酒場」

Vol.3(2000.1〜)

中上哲夫
『ぼくらはこうして育った』
  1. 「町に馬車が走っていたころ」
  1. 「引っ越しのとき 物置のりんご箱から出てきたぼくの宝物」
  1. 「ぼくらはこうして育った」
  1. 「町はいつもいい匂いにつつまれていた」
淵上熊太郎
『過去形(7篇)』
  1. 「過去形」
  1. 「過去形の過去」
  1. 「過去完了と進行形」
  1. 「現在完了」
  1. 「複数形の中の私」
  1. 「単純な現在」
  1. 「仮定法過去」
関 富士子
「定期バスに乗って」
片岡直子
「ゴムまり(new version)」
小池昌代
「夏」

Vol.2(1998.1〜)

片岡直子
『初夏に関する覚え書き』
  1. 「かんじゃうからね」
  1. 「くさってくるの」
  1. 「しずくすぺる/まみるく」
『自慰としての夫婦間セクスについての考察』
中上哲夫
「初雪」
「ブラジルのインディオ居留地の多発する自殺について」
淵上熊太郎
「私の色」
「小さな人」
宮野一世
「恋月夜」
Arthur Binard
「If all Snow Were Salt」
谷川俊太郎
「愛について」
「月火水木金土日」

Vol.1(1996.1〜)

鈴木志郎康
『垂線の足』
中上哲夫
「放浪はいつに変わらぬ叙情詩の重要なテーマであった」
「バイオリン・ミミズ」
「牡蠣」
「わたしはモーテルのベッドに横たわって」
淵上熊太郎
「サーファー」
「夏」
「焦げる」
「赤蜻蛉」
宮野一世
「噴水」
「パチンコ店にて」
Arthur Binard
「In Air Waves」
「Storms」
「Shorthanded」
「Memories West Sugamo(西巣鴨の記憶/菅原克己)」